2008年ウォーターサーバーの旅

水を美味しく飲む秘訣

水の種類

ウォーターサーバー

ウォーターサーバーを選ぶ

ウォーターサーバーの料金

 

ウォータートラベラー

ウォーターサーバーを選ぶ

空気を選ぶことはできませんが、水は、おいしい水を選んで飲むことが出来ます。

ウォーターサーバーが家庭や職場にあれば24時間おいしい水を手軽に飲むことができます。ウォーターサーバーをレンタルするにしても購入するにしても浄水機能などの機能の比較も重要です。

ウォーターサーバーを選ぶポイント

ひとくちに「ウォーターサーバー」と言っても、様々な会社から色々でていますので、どれを選べばよいのか迷ってしまいます。ウォーターサーバーを導入する時、どのような点に注意して選択すると良いか以下を参考にして選んでみてください。

@衛生面

空気中にはホコリ・雑菌・カビ菌・細菌・ウィルス・有害物質が沢山浮遊しています。これらの浮遊菌は水の大敵です。つまりウォーターサーバーの水を絶対に空気に触れさせてはいけません。ウォーターサーバーの構造上、特に水容器の取り外し口に空気が触れることがないか、また使用中に水に空気が混入することがないか確認しましょう。



A安全性

ウォーターサーバーを使用する上での安全性とは特に人的害の無いこと、転倒での電気系統による(ショートなど)火災の危険や電気機器の安全対策が必要です。

また、水容器に使用されているポリカーボネート樹脂は環境ホルモンの問題が懸念されている素材です。ボトルは再利用しますので問題はないものの、飲む水に直接触れているわけですから、健康面などが心配な方は少しでも疑いのある物質を使っている場合は避けた方が良いかもしれません。

また設置した際に、本体がしっかりと安定するか、メンテナンスは充実しているか、小さな子供に対してのチャイルドロック対策がされているか等もきちんと確認しましょう。



B利便性

ウォーターサーバーは冷水・温水が使え、私たちの生活にはなくてはならない生活必需品になってきていますが、しかし、水容器の重さや空きボトルの水容器・使用済み段ボール等、使用済みから容器が邪魔で大変です。これらの点にも注意し、各社製品を比べ自分に最適なウォーターサーバーを選びましょう。



C経済性

ウォーターサーバーを使用する際にかかる料金には、ウォーターサーバーのレンタル・購入料金、電気料金、メンテナンス費用、飲料水代及び送料等の他、段ボール等のゴミの排出費用や料金の振り込み手数料などもかかります。各社の料金やサービス等を比べてよく検討しましょう。

以上の点の他にも健康面や環境面でのメリットやデメリットについてもよく検討した上で、納得してウォーターサーバーを使用することが大切です。

おすすめWEBサイト 5選

デジタルサイネージ

ページTOPへ↑

 

All Rights Reserved Copyright (C) 2008年 ウォータートラベラー